ふてくされそうな日はメガネで…

 土曜日、となみのヨタカ祭りに行ってきました。…半仕事で。
 前半、仕事でのトラブル(というか、訳あってふてくされてた人)&コンタクトがずれ(ふてくさてたからバチなのか…)この時点で、コンタクトは、落としてしまったのか、ずれただけなのか不明でして…手鏡的なモノをいっさい持っていないという、女子にあるまじき手ぶらな女。ひとまずその場で待機ということになり、相方が写真を撮りに駆けまわるため置き去りにされていました…。そう、賑やかな商店街の片隅で、脚立に座り独り悲しみにくれていたのでR……あれは孤独だった…。
 

 その後、仕事を終えた相方と合流。なんやかんやで視界も戻り(目の中にありました)、気を取り直して祭り…といきたいところなのだが、メインの“突き合い”なる山車同士のぶつかる姿なんて、混み混みで見れるわけもなく。ヨタカという祭りに…祭りの雰囲気にすっかり乗り遅れた感。ただ、山車がちょうど目の前にきたとき。
「ボルトをはめずに車輪かまして、とりあえず前に4人乗れっ」
という、リーダーらしき人の命令が興味深かったです。山車を知るモノにしか言えぬ発言、…萌えます。
 

 そういえば、客層(?)、若い人らちはみんなドラゴンアッシュ風が多い気がして…えぇと、伝わってる? なんつうかなぁ…おしゃれヤンキーみたいな(ドラゴンに失礼) 例えるならば、ハットにあごヒゲで、ボウリングシャツみたいなのにタイトなパンツあわせてます(長財布をチェーンでつないで、お尻のポケットIN)…みたいな…伝わりました?
 

 久しぶりに若者の中に混ざっているような気がするのと、ハッピ男子にもドキドキするしで、若干挙動不審にw お祭りフードも食べたかったのだけど、その場をそそくさ後にして、扇YAで遅めのディナーをしたのでした。
 

 なんや、生と芋ですっかりイイ感じに…ほんとはもう少し呑みたかったんだけどなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です